糖尿病治療の常識を覆す新しい食事法

糖尿病治療の常識を覆す新しい食事法

わずか1ヶ月ほどで血糖値が141、ヘモグロビン値が6.6まで改善

糖尿病予備軍から徐々に悪化

 

過去の健康診断は糖尿病予備軍の境界型糖尿病と言われましたが、その当時は、まだあまり

 

心配せず普段通りに生活していました。ところが、5年前に受けた健康診断では、糖尿病に

 

なっていることがわかったのです。にもかかわらず、何も対策を取らなかったこともあり、

 

今では、食後の血糖値が213で、ヘモグロビン値が6.9になっていました。

 

食事療法を行っているのに数値が改善されない

 

自覚症状がなく今どれくらいの血糖値でどんな治療をすればいいか自分では判断できなかっ

 

たので、病院で栄養士の指導を受けることに。ところが、栄養士が考えた食事療法を実践し

 

ても、なかなか成果が得られずかなり落胆しました。と言うのも、糖尿病の場合、このまま

 

改善が見られないと合併症を引き起こしてしまう危険があったからです。

 

従来の糖尿病治療の常識が覆されました

 

焦った私は、他に何か良い糖尿病治療法がないかとネットや書籍などで調べてみました。す

 

ると、荒木先生の糖尿病改善プログラムが目に留まったのです。荒木式糖尿病改善プログラ

 

ムは、何をすれば良いかが明確にわかるようになっていて、従来の糖尿病治療とは違い、全

 

く新しい食事法を実践することで、糖尿病を改善できるようになっています。

 

血糖値を早期に改善することができます

 

荒木式食事法は、しっかりと実践することで血糖値やヘモグロビン値を早期に改善すること

 

ができます。実際に、荒木式食事法を取り入れる前は、食後の血糖値が213で、ヘモグロ

 

ビン値が6.9でしたが、取り入れてからは、わずか1ヶ月ほどで血糖値が141、ヘモグ

 

ロビン値が6.6まで改善されていたので、あまりの回復振りに本当に驚きました。

 

これからも積極的に断糖食を取り入れていくつもりです

 

荒木式糖尿病改善プログラムを実践することで、従来の食事療法では、いかに炭水化物の摂

 

取量が多かったかということがわかりました。どうりでいくら従来の食事療法を実践しても

 

数値が改善しないわけです。それ比べて、荒木式食事法の断糖食は、実践すれば確実に成果

 

が得られるので、これからも積極的に断糖食を取り入れていくつもりです。

 

詳細へ

糖尿病治療の常識を覆す新しい食事法関連ページ

症状が改善され血糖値は平均値を維持しています!
不治の病と言われた糖尿病が見つかり大ショックだったのに食事を荒き式に変えただけで1ヵ月半後の血液検査の劇的変化にビックリ!
糖尿病の治療を途中で中断する人が55万人もいる
5月24日NHKの7時のニュースを見ていたら糖尿病患者で治療を中断する人が年間55万人もいると言う!治療を中断すると自覚症状がないままに糖尿病が悪化し失明や人工透析の危険があるという怖い話だった!

ホーム RSS購読 サイトマップ
【荒木式】うつ病 【荒木式】糖尿病 【荒木式】高血圧 【荒木式】ダイエット