断糖食うつ病

うつ病を治療する断糖食とは?

うつ病を改善する食事法とは?

イメージ

 

なぜ薬物療法や心理療法ではうつ病を治せないのでしょうか?

 

医者の指示通りに、薬物療法や心理療法を行っているのに、なぜ、いつまでもうつ病を治すことができないのでしょうか?

 

その理由は、薬物療法で用いられる抗うつ薬や心理療法で行われる認知行動療法は

うつ病の本当の原因を改善することができないからなのです。

 

この事実に対して早くから疑問を投げかけていたのが、生活習慣病治療の

 

第一人者でうつ病にも精通している崇高クリニック院長の荒木裕先生です。

 

荒木先生は、うつ病を治すためには、わざわざ危険を伴う薬物療法や心理療法を

 

行わなくても日常生活の“ある習慣”を改善すれば治せると断言しておられます。

 

では、荒木先生がおっしゃる、薬物療法や心理療法の危険とうつ病治療に必要な“ある習慣”とは一体何なのでしょう。

 

 

うつ病治療に用いられる抗うつ薬の落とし穴とは?

 

近年は、うつ病患者の増加に伴って、メンタルクリニックの数も増加してきています。

 

しかし、その実態は大した診察も行わない質の悪いクリニックばかりで多くの場合、

 

数分の診察を行っただけで、あとは、薬を渡して終了というから驚きです。

 

まだ薬を飲んでうつ病が改善していれば問題ありませんが、いくら飲み続けてもうつ病の症状が良くならないのです。

 

なぜ、症状が改善しないかと言うと、うつ病に用いられる抗うつ薬には、大きな落とし穴があるからなのです。

 

うつ病になると、脳からの指令が体に上手く伝わらなくなったり、セロトニンやドーパミンなど

 

脳内神経伝達物質が減少して、うつ状態を引き起こしたりしています。

 

ですから、うつ治療には、脳内神経伝達物質のセロトニンやドーパミンなどの

 

減少を抑制するパキシルなどの抗うつ薬が用いられます。

 

しかし、抗うつ薬は、ただ脳内神経伝達物質の減少を抑制するだけで

 

脳の指令の伝達を改善することはできないので、

 

うつの根本原因を解決したことにはならないのです。

 

それに、うつ病の治療の代表的な薬には、SSRIという抗うつ薬がありますが、

 

この薬には、食欲・性欲の減退、頭痛、めまい、集中力低下など

 

様々な副作用の危険があることを忘れてはいけません。

 

 

さらに悪化する可能性がある心理療法

 

うつ病の治療には、抗うつ薬を用いた薬物療法以外に、心理療法という治療法も行われています。

 

よく行われる治療法としては、認知行動療法というものがあり、落ち込んだ気持ちや

 

マイナス思考をプラス思考になるようにトレーニングを行っていく治療法です。

 

しかし、そもそもうつ病の患者さんは、精神運動障害に陥ってしまっているため

 

プラス思考になるようにトレーニングしても、そう簡単には改善することはできません。

 

最悪の場合、なかなかプラス思考にならなければ、ドンドン自分自身を責めて

 

追い込んでしまい、治療前よりも、さらにうつ状態が進行してしまう可能性があるのです。

 

このように、心理療法によってうつ病を治すことは、容易なことではないということです。

うつ病の本当の原因は食べ物にあり!

薬物療法や心理療法では、うつ病の本当の原因を解決することができないばかりか、さらに症状が進行する危険もあります。

 

では、うつ病の本当の原因とは、一体どういうものなのでしょうか。

 

荒木先生によると、先生が院長を務めるクリニックには、糖尿病をはじめ多くの生活習慣病患者さんが

 

治療に訪れますが、ほとんどの方が、疲れた表情で元気がない、うつ病の症状も見られたそうです。

 

このうつ病の症状は、糖尿病も含めた全ての生活習慣病に関わっている“食べ物”が本当の原因だと判明し

 

中でも、多くのうつ病患者さんが、“糖質を含んだ食べ物”をたくさん食べていることも判明しています。

 

甘い物を食べると、セロトニンなど脳内神経伝達物質が分泌されて、安心して落ち着いてきますが

 

これは一時的なものにすぎず、すぐに効果はなくなってします。

 

かと言って、糖質を摂取しすぎるとうつ病の進行や糖尿病などの生活習慣病の原因にもなるのでよくありません。

 

実は、このセロトニンの主成分はアミノ酸で、肉や魚などに多く含まれていますが

 

精神状態を安定させるには、脳内神経伝達物質を安定して分泌させるために

 

アミノ酸を含んだタンパク質をたくさん摂取する必要があるのです

 

荒木先生が開発した【荒木式】うつ病改善プログラムでは、うつ病の本当の原因の糖質を制限して

 

精神を安定させる脳内神経伝達物質の主成分のアミノ酸を含むタンパク質を

 

たくさん摂取する食事法で、うつ病の治療を行っていきます。

 

イメージ

断糖食でうつ病を治療する方法記事一覧

3ヵ月後にはうつ病の苦しみから解放されました

こんなにうつ病が辛いものとは思いませんでした私は2003年にうつ病と診断されてから、うつ病との闘いが始まりました。正直言って、まさか自分自身がうつ病になるなんて思ってもいませんでした。うつ病と診断される1ヶ月ほど前から少しずつ気持ちが落ち込んできて、うつ病になってからは、毎日のように自殺したいと思っ...

≫続きを読む

 

気持ちの浮き沈みが減り自信が持てるように!

日によって気持ちの浮き沈みがあり大変8年ほど前に初めてうつ病と診断されてからは、そううつ病になっていることに気付かずに毎日とても大変でした。うつの日とうつでない日があり、とても気分が良い日もあれば、うつで気分が悪い日もありました。このように、気持ちの浮き沈みが激しかったこともあったので、周りの家族に...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
【荒木式】うつ病 【荒木式】糖尿病 【荒木式】高血圧 【荒木式】ダイエット