断糖食

断糖食と糖質制限の違いとは?

断糖食とは?

 

荒木裕

生活習慣病の食事法の研究で有名な崇高クリニック院長の荒木裕先生が作った、高血圧・糖尿病・うつ病、患者専用の食事法で荒木式【断糖食】と呼ばれています。

 

特徴は、糖質制限を主とした断糖食という画期的な食事法で、炭水化物を一切カットし、肉食中心のプログラムに従って食事メニューを食べるだけで、生活習慣病を根本的に改善するというものです。

 

崇高クリニックでは、多くの患者さんが荒木式食事法を実践し生活習慣病を克服しており、その効果を証明しています。また、クリニックへ通院できない患者さんのために、荒木式食事法のやり方から理論までを解説したDVDも用意されています。

 

色々な治療法を試して、高血圧や糖尿病、うつ病を完治できない方には、是非、試して欲しい画期的な食事法です。

 

断糖食で生活習慣病を改善

荒木先生が崇高クリニックで実際に生活習慣病の治療に使っている断糖食を自宅でできるように理論と実践方法を収録したDVDが荒木式食事法です。高血圧・糖尿病・うつ病に対応した断糖食のDVDが用意されています。プログラム通りに実行するだけで効果がでるように作られています。

 

うつ病改善〜断糖食〜

糖尿病改善〜断糖食〜

高血圧改善〜断糖食〜

 

詳細はコチラから

 

うつ病や精神疾患を改善するために開発された断糖食による食事療法が【荒木式】うつ病改善プログラムです。うつ病の改善および再発防止に効果があります。

 

★ 詳細はコチラから ★

 

 

イメージ

 

糖尿病を改善するために開発された断糖食による食事療法が【荒木式】糖尿病改善プログラムです。血糖値を正常値へ改善し糖尿病の再発防止に効果があります。

 

★ 詳細はコチラから ★

 

 

イメージ

 

高血圧を改善するために開発された断糖食による食事療法が【荒木式】高血圧改善プログラムです。血圧を正常値に改善し高血圧の再発防止に効果があります。

 

★ 詳細はコチラから ★

 

 

どちらのプログラムにも、ご購入後90日〜180日以内の全額返金保証がついていますので、安心して試していただくことが出来ます。詳しくは、荒木式食事法の公式ページをご覧ください。

鬱(うつ)病を治療する断糖食

 

うつ病の症状は、糖尿病も含めた全ての生活習慣病に関わっている“食べ物”が本当の原因だと判明し、中でも、多くのうつ病患者さんが、“糖質を含んだ食べ物”をたくさん食べていることも判明しています。荒木先生が開発した【荒木式】うつ病改善プログラムでは、うつ病の本当の原因の糖質を制限して、精神を安定させる脳内神経伝達物質の主成分のアミノ酸を含むタンパク質をたくさん摂取する食事法で、うつ病の治療を行っていきます。

 

詳細はコチラ

 

 

血圧を下げる断糖食

 

どうして医者に処方してもらった薬をずっと飲み続けているのに血圧は下がらないのでしょうか?それは、今現在病院で行われている薬による治療が間違った治療法であり、高血圧を改善するための正しい治療法ではないからです。この間違った治療法に苦言を呈しているのが、崇高クリニック院長の荒木裕先生で、荒木先生は、今の医療現場で行われている高血圧の治療法に対して次のようにおっしゃっています。

 

荒木式高血圧イメージ

 

 

血糖値を下げる断糖食

 

糖質を摂取しない食事法こそが、最も確実で有効な糖尿病治療法です。合併症を発症しないようにするためには、血糖値の上昇を抑制してコントロールする必要があり、血糖値のコントロールには、普段の食事で糖質の摂取を抑制することが重要なのです。【荒木式食事法】では、糖質を抑制した食事内容に変えることで、血糖値をコントロールして、短期間のうちに、血糖値を正常値にまで下げてコントロールすることができます。

 

詳細はコチラ

 

■関連情報

 

高血圧は、一時的に血圧を下げても高血圧が完治する訳ではありません。 薬や通院不要で自宅で出来る【驚くほど】血圧を下げる方法をご紹介します。多くの高血圧患者は食事療法や運動療法を行いますが、効果が出るまでに凄く時間がかかります。そこで考えられたのが、即効で血圧を下げる方法です。断食療法を取り入れ疲れきった体質をリセットすることで効果を高めます。

 

さらに注目されているのが、荒木裕先生の断糖食と言う食事法です。炭水化物など糖質を一切カットし肉中心の食事に切り替えることで短時間に高血圧を改善することができます。ただし年齢や性別によって血圧の正常値がかわります。まず自分の血圧がどれくらい基準値をオーバーしているのかチェックした上で行いましょう。

 

■最新情報

 

健康診断で血糖値が高いと診断されると食生活を見直すように指導されます。その上で2ヶ月から3か月の経過観察をして、再び血液検査を行います。それでも血糖値が下がらない人は、糖尿病の治療が始まるのですが、血糖値を下げるために薬物治療と同時に生活習慣の改善が行われます。こうなる前に、血糖値を下げることが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
【荒木式】うつ病 【荒木式】糖尿病 【荒木式】高血圧 【荒木式】ダイエット